もう9月。

あっという間に夏休みが終わってしまい、もう9月。久しぶりの登校ですね。
皆さんの日焼けした姿に、エンジョイ感の名残りが漂っていてうらやましいです。上センはなんと8月は1日も休みなしでずーっとログと勉強・講習会参加の日々でしたよ。でも大満足。いっぱい勉強しました! そして今年は夏休み企画をたくさん設けましたので、多くのお友達やその保護者の方たちともふれあいの時間が持てました。これは私にとって何よりうれしいことでした。
今、世の中はデジタル機器の進歩でとっても便利になりましたが、そのかわり“生の”ものに触れて感じる機会が減りました。……なんて、アナログ人間の上センのひがみと思うかな? でもそうではありません。この頃はメールで交流がすんでしまい、早いし確かに便利です。でも上センはこの夏、友達にたくさんの手紙を書きました。手紙は筆跡や筆圧で、感情が字という生のものに映し出されます。文章の脇にちょっと絵も描けば、私らしさがいっぱい出て友達は笑ってくれます。メールよりずーっと感情もあつくなるのです。
また、人は相手の目を見て対話します。お互いの目を見て話すとき、目が輝いたり曇ったりすることで相手の感情が感じ取れます。人と会って話をするのは面倒な時もありますが、やはり“生”のふれあいは必要です。人とのふれあいの中で、目や表情や身振りや声の調子から温かさや優しさを感じ取れれば、元気が出ます。元気が出ると気持ちにエンジンがかかり感動もしやすくなります。感動した心は夢を描きます。だからめんどくさいことから逃げずに人とぶつかることは大切です。逃げれば逃げるほど人付き合いは苦手になっていくと思います。思っていることと実際の事と違うということは一杯ありますね。
作品作りもデジタルっぽくなっていく子供達が多く見受けられます。ネット上の素材を取ってきてデジタル加工。でも、何かを直接見て、さわって、聞いて、味わって、そして感情が生まれて作品になったものは、頭の中だけでこしらえたものとは違い、見る側にも感動を与えてくれます。上手、下手ではないのですね。
まー、単純な上センですので、この夏は多くの方に出会えて私の
体験の宝箱の中に宝が増えた気がして大満足です。今日も1日
よくがんばった!!と言ってはビールを飲みすぎて太ってしまったのが残念ですが…。

8月の作品を終えて
〇展覧会制作 がまぐちBag作り(ジャンル:クラフト)
皆さん暑い中よくがんばりました。かき氷も削るそばから溶けていく位暑い夏でした。暑かっただけに乾いたのどに冷たいもの、疲れた体には甘いもの、美味しかったね。いやいや、みんな頑張って汗をかいたから美味しいのよ。
がま口作りも8月は真っただ中!皆さんの表情が真剣です。こんな難しい授業は職人さんでもやめておけ!子供には無理だ!と言われていたくらいですから完成したらすごいことになりそうです。上センもドキドキです。先生だけががんばったってできないし、みんなが頑張るから上センも一緒に頑張れるのね。一緒に頑張ろうね。レベルが高かったから一気に皆さんがハサミの使い方が上手になった。革や布の見分けセンスのレベルも上がった。クラフトもセンス!!感性を磨くにはやはり子供のころからイメージの豊かさにつながるので美しいもの、本物を数多くふれるという一言だと思っています。

9月の作品予定
〇展覧会制作 がまぐちBag作り(ジャンル:クラフト)
どんどん進めていける作品、考えながら進めていく作品、人まちまちですが何よりも自分が納得いくまで時間をかけ完成してください。あと少し時間はありますからあわてず落ち着いて進みましょう。制作が終わった人はハロウィーンにちなんだ制作をしていただき、展覧会のディスプレイにしたいと思います。

ログ・アトリエ 上田洋子

おしらせ
2017  10月27・28・29日
ログ・アトリエ 展覧会開催決定