月別アーカイブ: 2017年7月

7月になりました!

7月になりましたね。梅雨どきでジメジメする日が多いけれど、負けずに元気に過ごしましょう。今年の梅雨明けはいつごろでしょうね? そして、梅雨が明けたら夏休み! 待ち遠しいですね。どこに行くのか、何をするのか。皆さんはもう計画を立てて
指折り数えて待っているのかな。上センは、小学校時代の夏休みがなぜか一番心の中に残っています。
皆さんも、どうぞいっぱい思い出を作って、記憶に刻んでくださいね。
大人になると、子供のころの記憶を超える楽しい事ってなんだか少ない気がします。なぜでしょうね。子どもの時は、見るもの、
聞くもの、触るもの、なんでも初めてだからでしょうか。目で見たものだけでなく、触った感覚も、味わった感覚も、今も脳裏に残っています。初めてのものは印象が強く残るのかも。だから上センは、大人になった今、いろいろなことに初挑戦するのが大好きです。
新しいチャレンジをするたびに「エッ! こんなおもしろいことがあるんだ!」と感動しています。新しい発見があって、
子供時代の感動がよみがえります。そして感動したものを皆に分けてあげたいと思ってしまうおせっかい上センです。
だから、ログでもみんなにリアルな「初めての制作体験」をいっぱいしてほしいのです。
さあ、そうなるとログは責任重大だわ。でも大丈夫!! 皆さんには制作の厳しい面も教えるけれど、
チャレンジして乗り越え、素晴らしい作品が出来るという成功体験は、皆さんの糧となって、将来きっとどこかで役立つと信じています。一緒に楽しく進んでいきましょう。

6月の作品を終えて

【銅版画】ジャンル=版画

上センの創作物語を聞いて、そのイメージで制作したエッチング技法の銅版画作品に着彩しました。息をとめて筆を使うほど集中して描きました。まわりに絵の具をこぼさないよう、汚さないよう、注意を払います。小作品ながら、大きなキャンパスに描く以上に時間がかかるくらい、大胆さと繊細さの両方が必要です。人生と一緒ね。なんてまだわからないね!そのうちわかってくるよ。この銅版画作品の額になるプレートは、やすりがけをして木工で作りました。

【がまぐちBag作り】ジャンル=クラフト

展覧会に向け、がまぐちBag作りをしています。レギュラークラスは初めに5パターンほどデザインを考えて、そこからひとりずつ私と打ち合わせしています。どんな素材を使い、どういう方向性の作品にしたいのか、案を練ります。生徒さんの意見を聞いて、そこからログにある素材を探します。原案は、夢をふくらませていくための源です。7月から8月にかけて、夢の実現に向けて制作をつづけていきます。世界にひとつしかないがまぐちBag、楽しみです。月一はキャンバスに描いた作品から展開していきましょう。

7月の作品予定

【がまぐちBag作り】ジャンル=クラフト

打ち合わせ後、デザインを一本にしぼり、素材探しをしていきます。多くの色や素材を組み合わせてバッグを作るということで、センスが養われます。良い作品を作るためには、レベルの高いものをいっぱい見て下さい。ログでは、生徒さんが使う布にしても革にしても、妥協はせず、かなりこだわって集めています。しかも、職人さんが皆さんの為にと提供してくださった素材もたくさんあります。本当にありがたいです。だから子ども向けの絵画造形教室でこんなに多くの革がそろっているところはなかなかないかもしれませんね。

お し ら せ

6月より、3人も「将来学校の先生になりたい」「ログで良い経験をしたい」という千葉大学の学生さんがお手伝いに来てくれています。皆さんよろしくね。そんなわけで今年の夏休みの企画教室は、なんと45講座! ログの生徒さんは税込で1300円、しかも材料費込でご案内します。ログ始まって以来初めてのお得な企画です。どうぞ皆さん、ご家族やお友達を誘ってご参加下さい。
(ログ生徒以外は1講座1500円、ただしおひとりで3講座受けると、1講座1300円になります。)お友達と来ても1300円となります。お申し込みはお早めに!