ピョンチャン・オリンピック

ピョンチャン・オリンピックの話題で日本中がにぎわった2月でした。選手の皆さんが「ここまで来れたのも自分を支えて下さった多くの方々のおかげ」と口々に言っていましたが、人って自分だけではがんばれないんだと、あらためて思いました。私も、不器用で呑み込みが悪い自分が嫌になってしまうことが時々ありますが、皆さんがログに来て下さること、ログを楽しみにして下さっていることを思い出し、皆さんの気持ちに応えたいと、日々がんばっていますよ。保護者の皆さんはお子さんのためを思っていろいろな配慮をしていらっしゃいますから、私共も一緒になって子育てのお役にたちたいと思っています。人は人と共に生きているのですね。支え合って元気に楽しく進みたいですね。さて、3月は皆さまへの感謝の気持ちも込めて、ちょっと奮発してシルバーを使ったアクセサリーをします。銀価格の高騰でここ数年できなかった授業ですが、3月で退会する方も多いので、記念になればと思いました。磨けば光る、やりつづければきっといいことがある、という意味も込めてのシルバーです。がんばった皆さんに銀メダルを!いや全員金メダルを!!

2月の作品を終えて

細密画( ジャンル:絵画)
皆さんの根気の強さにびっくりしましたよ、本当にスタッフ一同びっくりしました。みんな、やればできるじゃない! がんばった人全員にご褒美授業と称してお花のキーホルダーをつくりました。えっ? これが欲しくってがんばったって?? いずれにしてもよくがんばった、すばらしい!! ケント紙に描いたのはピグマペンがよくすべって描きやすいからです。3種類のピグマペンを使ったのは、線の太さの違いを感じてほしかったからです。いろんな線を学ぶ、またとない機会でした。A5サイズという小さなケント紙なのに、描きこむ題材を山ほど思いつきましたね。それも皆さんの想像力を育てることにつながります。

 

3月の作品予定
彫金(ジャンル:クラフト)
シルバーアクセサリーをします。「えっ! 子供でも彫金できるんですか?」とよく聞かれますが、落ち着いて人の話をきき、根気よく作業するお子さんなら、ちゃんとできます。むしろ大人の方が、話を最後まで聞かなかったり、早とちりしたり、自分の話をしゃべりはじめたり……。かくいう私も、気を付けなきゃと思います(笑)。皆さんには、みがき、ロウ付け(溶接)、焼鈍(なまし)、焼き戻し等を少しでも学んでいただけたらと思います。彫金のアクセサリーは、昔私も作って売っていたことがありますが、宗田葉子先生の得意分野なので、いろいろ一緒に考えて頂きました。メッキではない、オール・シルバーのペンダントを作りましょう(チェーンはシルバーではなく、ロジウムメッキです)。月1クラスは指輪を作る予定です。

ログ・アトリエ 上田洋子(上セン)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)