夏やすみが終わりました

夏休みが終わり、新学期が始まりましたね。
この夏、日本は色々なことがありました。猛暑が続いてたくさんの人が熱中症になったし、台風の被害もひどくて、辛いニュースもありました。一方、高校野球は熱戦が繰り広げられ、私も興奮したり涙したりしながらて見ていました。人が限界に挑み頑張る姿は美しく、感動をよびます。全力を尽くしたけれど負けてしまい、泣きながら甲子園の土を詰めている姿には、思わずもらい泣きです。負けても良いんだ、皆全力をつくした!! そして行方不明になった2歳のお子さんを日本中が心配していた時、78歳の尾畠さんが坊やを見つけて下さり、どれだけ嬉しかったことか!! たまたまクローズアップされた尾畠さんですが、熱い心が行動に直結していて、常に人の為を考え、夢を持ち、そのための体力づくりに励み、それでいて謙虚にしていらっしゃって、私も元気を頂きました。
本当に、人の為に生きるには情熱と体力と愛がないとできませんね。上センもこの盆休みは、旅行しちゃおうかなと誘惑にかられましたが、今後の人生をもっと大切に生きたいと思い、家の整理整頓、体力作り、皆が喜びそうなかわいいBAG制作の勉強とソーイングに全て費やしました。整理整頓はまだ60%くらいしか目標に達してしていませんが、怠け者の私がけっこうがんばったので自分に80点をつけました。けっこう単純な上センは、人のためにがんばっている人たちの姿を思い浮かべ、大嫌いな掃除に根性をだして取り組みました。上センの家はアトリエのようになっています。いろんなものを探すのに余計な時間をかけず、すぐにミシンが使えるように、すぐに制作が出来るように配置された部屋になりつつあります。整理整頓の完成まで、あと40%。ふぅ~。

8月の作品を終えて


【ハンズフリーBAG】ジャンル=クラフト
8月で全員完成の予定でしたが、実際に出来上がったのは数名のみ。9月に持ち越しになりました。家庭用ミシンと工業用ミシン、そして職業用ミシンの3台を使用してのソーイング経験。それぞれ、ペダルの踏み加減も、針の太さや長さも、糸の大きさや太さも、馬力も違うのです。でも、低学年の生徒さんも全員がミシンを経験しました。そして何事にも丁寧にキッチリ作ると完成したBAGもきれいです。技術を身につけたので、将来職人になれそうな生徒さん続出でした。その技術力を土台に、ログでアートを学んで芸術性が加わったら、プロにだってなれそうですよ。私は生徒さんたちに、子供といえどもプロのような作品が作れるようになってほしいと願いスタッフ一同共にがんばっています!

9月の作品予定
【ハンズフリーBAG】ジャンル=クラフト


レギュラークラスは、自分で描いたオリジナルの絵を革にプリントして、バッグの留め金部分に使います。新しく導入した特殊なコピー機(革にもプリントできる!)のデビューとなります。今後この機械を使って、どんどん楽しい授業を提供していきますね。最後に裏布と表布を縫い合わせて完成です。「皆ここまでよくがんばりました!!」という言葉が喉でとまってますので、先生に言わせて下さいヨ。あと少しです。
残った時間は、肩掛け用の革のひもは出来ているので、アクリルのひもに移動カン金具を使った長さ調整のできるひもを作ります。ここでも本格的な作り方を教えたいと思っています。調整授業として早く終了した人は絵やアルファベットを使ったカリグラフィーで自分の名前をおしゃれに描き、デザインをとりいれたBAG型のカードを作ります。

 

プログラミング特別講座
6月からはじまったプログラミングのレッスン全5回も無事に終了しました。完成したロボットカーが自分の思い通りに動いてくれた時は大喜び!また機会があればAIをつかったものができるかもしれません。その時はまたお知らせします。

お願い
ぼろ布の寄附をお願いします。Tシャツ等の綿素材があればお願いいたします(そのままで結構です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)