久津間海岸へ潮干狩りにいきました

5月28日 日曜日。総勢62名で木更津の久津間海岸に潮干狩り&スケッチの遠足に行ってきました!! 天気は晴れ!! そのうえ風もあってとても爽やかでした。もちろんです、だって上センは晴れ女ですから!! ログで潮干狩りに行くのは今回で3回目です。前回は10年以上前でした。
なんたって全員が楽しめるよう、多くの保護者の方や、スタッフの家族の方が協力して下さり、楽しんで行って帰ってこれました。
貝堀りイベントはめちゃめちゃ楽しかったです。はじめは、なかなか貝がとれないネ~とちょっとガッカリでしたが、奥に進んだらどんどんとれました。もっと時間が欲しかったですね。海の家で、とった貝をボールペンで描いてみました。ボールペンのシャープな線は貝の模様を表現するにはぴったりでした。線のおもしろさをよく表現できていたね。そしてお楽しみのイベントは、上センが事前にガラスで作っておいた貝5種を、大きな貝をとった人、美しい貝をとった人、変な貝をとった人、合計5人に1個ずつプレゼント!! これも楽しかった!! 帰りは三日月ホテルでおみやげを買い、渋滞の影響でちょっと遅れて幕張に戻ってきました。
家に帰ってから、上センはボンゴレスパゲティーに味噌汁にハマグリのお吸い物に酒蒸しに……と、2日にわたって貝づくし料理を堪能しました。ああ絶対また行きたい!皆、また行こうって言ってください。そうしたら上セン、また計画するから!! 皆の行きたいは、私の行きたいです。LETS GO!!

5月の作品を終えて

【銅版画】ジャンル=版画

銅版画は凹版です。今回は厚さ0.5mm位の銅板で、裏側が腐食されないようにカバーされたものを使いました。銅板をよく磨いてからグランドをぬり、乾いてからニードルという道具でひっかいて描きます。それを、上センが「毒水」とよんでいる酸に1時間位入れて、腐食させます。グランドの部分は腐食されず、ニードルでひっかいた部分だけが腐食されて、凹状になります。金属(銅板)を腐食させて線を生み出すことを「エッチング」と言います。鉛筆では描けない、とてもシャープで繊細な美しい線が描けます。
エッチングで凹になったところにインクをつめて、プレス機で刷りました。刷ったものはよく乾かして手彩色します。ホルべインの透明水彩絵の具を使いました。皆さんはグラデーション技法を学んだので、とても技術が上達していて、上手に着彩できましたね。みんな、エッチングの線が生きるように絵の具の水加減をよくコントロールして、ずいぶんとデリケートに絵の具を扱うことが出来るようになって、上センはとてもうれしいです。銅版画は今から400年以上前に発明されました。その頃のレンブラントやデューラーが有名ですが、ピカソも銅版画を手掛けていますよ。
銅版画の余白にはインクのかすれや、インクのふき取り残しがあって、それも味わいです。余談ですが、ソフトグランドを使って描くと、今回のハードグランドとちがって柔らかい線が表現できます。いつかそっちの方法もやってみましょう。彩色が終わったらログで預かります。それから、有名な日本の銅版画家・山本容子さんの作品集を皆で見ました。

【がまぐちBag作りのデザイン】ジャンル=クラフト

銅版画制作の待ち時間にがまぐちのデザインをしました。がまぐちは大人が作っても難しい職人技の世界ですが、がんばってみましょう。少しずつ割り稽古して皆さんのレベルを高めたいと思います。割り稽古ひとつひとつに合格したら、きっと全部を組み立てて完成できることでしょう。世界にたったひとつの自分だけのデザインで、自分しかつくれないがまぐちバックを作れたらすごいこと!!10月に一年半ぶりに展覧会を予定しています。今年はハロウィンの時期にちなんだ展示が出来たらとプランをあたためています。

6月の作品予定

【がまぐちBag作り】ジャンル=クラフト

いきなりつくるのは難しいと思うので、じっくり皆さんの力をつけていきたいと考えています。皆さんが理解できるよう工夫した授業、かつ楽しい授業を考えています。デザインを考え、型紙をおこし、何パターンも試行錯誤し、材料と格闘して形にしていくまで自分で考えることをじっくり学んでほしいと思います。今回のがまぐちBagは完成したら展覧会に出展する予定です。乞うご期待!

6・7・8月 入会金半額キャンペーン&お友達紹介キャンペーン

6~8月に御入会の方に限り、入会金を半額とさせていただきます。詳しくはHPをご覧ください。

さらにお友達紹介キャンペーン!

お友達が入会してくれた場合、紹介してくれた皆さんにホルべインの筆をプレゼントします
お友達は入会金半額になり、お得です。是非お友達を紹介してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です