New ブログ

過去のブログ

ホーム


教室案内



子供クラス

銅版画

カリグラフィ

絵画

ARTパソコン

クラフト

フラワーアレンジ

大人造形

カラーセラピー

漫画・アニメイラスト

その他の講座



展覧会情報

ギャラリー

ヒストリー

講師派遣


銅版画


     いろいろな工程を通して生まれる深い味わいが魅力の銅版画


銅版画クラスでは、
最初にエッチング、アクアチントなどの基本技法を習い、その後は生徒さん個人個人のニーズにあわせて進めています。
一人ひとりの作品に即してアドバイスしています。
銅板にあなただけの作品を作ってみませんか?
大型プレス機をつかって刷り上りの醍醐味を味わってみませんか?

またその他 1日講座として、木版画、石膏版画、シルクスクリーンも開講しています。

ログ・アトリエでは初心者から作家まで銅版画に魅せられた仲間達が、アットホームなアトリエで自由に制作しています。



 コラム


2017年のコラム   2016年のコラム   2015年のコラム    



           さとうしのぶ (講師) 10月

 日一日と秋が深まって、食べ物がおいしい季節になりました。新米、果物、秋刀魚・・・
食べすぎ注意報発令!
 
 最近、物づくりのワークショップに参加することが多いのですが、和紙づくり、紅型染め、和とじ本、浮世絵の刷り体験など気が着けば和のものばかり。落語や能なども見に行くようになったし、日本の伝統文化が気になりだしたのは年のせいでしょうか?
 そんな中ちょっと異質なワークショップに参加してきました。

 前にも書いた、心の病を持つ人達の展覧会「心のアート展2017」に
「臨生芸術宣言」というタイトルがついていました。
それは自分と向き合い自分を表現することが癒しになり、生きてゆく力になるというような意味だったと思うのですが、詳しく知りたいと思い、ネットで調べていたら「臨床美術」という言葉が出てきました。
ショウの字は違うのですが、気になって見てみると、認知症の人の脳を活性化するために開発されたプログラムで、今では子供や、ストレスをかかえた社会人にも行われているそうです。
臨床美術を行う臨床美術師になる為の講座があり、そのお試しのようなワークショップがあったのです。

 その日の体験では、ケント紙の真ん中に不定形の画用紙が貼ってあるものが用意されていました。そこにオイルパステルで描いていくのですが、「青のパステルで線を1本引いてください」「ケント紙と画用紙の表情の違い、感触の違いがわかりましたか?」 次に黄色で、ガチガチの線、フワフワの線、パステルを寝かせて太い線、最後は好きな色を使って画面の上で遊びます。
4辺のマスキングテープをはがすと素敵な抽象画の出来上がり。人に言われたとおりに描くのが苦手な私は「何で赤じゃいけないんだろう」「今はフワフワだけの気分なんだけど」などと思ってしまったのですが、絵を描いたことの無い人や、絵は苦手だと思い込んでいる人にとっては、自由に描くことは難しいのかもしれません。言われたとおりに描いているうちに、いつのまにか自分を表現している、というようにプログラムされているのですね。見せて頂いた現場の映像では、最初は緊張していたお年よりの方達が、お芋をさわったり食べたりして描いているうちに、戦時中のことを思い出してお話されるようになり、生き生きした表情になっていきました。
作品が完成したら、良いところを見つけ皆の前で褒めることも大切で、自身を持つことで意欲が出て脳が働くということでした。

 私は心の病を持つ方達の施設で10年以上絵画のプログラムを担当しています。そこに参加されている方は、皆絵を描くのが好きで公募展に出品したり、個展を開く方もいらっしゃいます。参加してはいないけれど、時々覗きに来る方に一緒にやりませんか?と声をかけるのですが、「絵心が無いから」「昔から絵は苦手」など自分には描けないと思い込んでいる人が多いようです。
そういう方に、この臨床美術は有効な気がしました。何を描いたらいいかわからなくても、上手に描けなくても、言われた通りに描いていたら、いつのまにか描けていたら楽しいし自信もつくのでは・・・。
美術の入り口から1歩足を踏み入れるきっかけができればいいなと思います。

 臨床美術というのは、紙を出すタイミングまでプログラムが細かく決まっていて、資格を持った臨床美術師が行うものです。決められた通りにするのが苦手な私にはむいてないと思うので、資格をとりたいとは思わないのですが、ちょっと勉強はしてみたい気がします。

 何か人の役にたつことがしたいと思い、点訳や施設のボランティアなど40年ちかく続けてきましたが、残りの人生が少なくなってきた今、できれば自分が一番好きなアートを通して誰かのお役にたてたらと思うようになりました。描くこと、ものを作ることで元気になったり、心が癒されたりするお手伝いができたらいいなと思っています。



 




         ワークショップ作品


          ◎月3回クラス (8月・12月は2回)

 火曜日 10:00~12:00/13:00~15:00
 水曜日 10:00~12:00

 入会金…5,400円
 月謝…7,500円(材料費別途)  
 *月1回コースもあります(月謝3,800円)

          

2018年のスケジュールはこちら

2017年7月以降のスケジュールはこちら



生徒作品










体験してみませんか?


 
            年賀状講座のご案内


来年の干支は戌(いぬ)
パソコンや印刷が主流の現代だからこそ、心をこめた味わい深い線が
特徴的な銅版画はオリジナルで新鮮な雰囲気が楽しめます。
飼っているペットを作品にして額装しても素敵です。


日程   12月5日 12日(火)10:00~12:00 *全2回で完成
講師   さとうしのぶ
講師費  6,000円 *別途材料費1,500円初回集金
持ち物  下絵 エプロン 軍手


作品は、はがきに収まるサイズです


        さとうしのぶ 作品1


        さとうしのぶ 作品2


お問い合わせはこちら



 

体験、見学随時受付ていますので、お気軽にお問合せください。

ログ・アトリエでは子供絵画・造形クラス、各種大人クラスがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。
掲載されているイメージの無断転載はおやめください。
Copyright© 2007 千葉市幕張絵画教室 ログ・アトリエ All Rights Reserved.